~夢や目標の実現編~

アパレル店員になりたい方が失敗する三つの要因。

2015/01/15

こんにちは。 こんばんわ。

 

いつもご精読ありがとうございます。

 

今日も元気に過ごしていきましょうね。

 

それでは今日も始めさせて頂きます。

 
 
今日はアパレル販売員になりたい方が失敗する 三つの要因です

 
 

あなたはアパレル販売員に対してどういうイメージをお持ちでしょうか?

 

まず一つ目の要因は…

 

人間関係です。

 
 

アパレル販売員と聞くと華やかに思いますが 実際は違います。

 
 
 

アパレル販売員は他の仕事とくらべると離職率が高いと言われています

 
 

ですので 若い方が仕事についても辞められる方が多いです。

 
 

それはなぜかと言いますと 一番は人間関係だといわれています。

 
 

上司や同僚とうまくいかず、意思疎通ができず辞められる方が多数いらっしゃいます。

 
 

私も販売をしていた頃は 何度となく 上司と衝突しておりました

 
 

あまり販売するということに対してマニュアルがないため 比較的自由にできるのがアパレル販売員です

 

そして自分の思った通りにできるのも 魅力の一つでもありますが…

 

ですが自由にできる反面、縛られると嫌になってしまうのも辞める原因だと思います。

 
 

そして中には 自分でお店を持ってやる!と 夢を持っている人も多数いるのも 現状です。

 
 

実際私も お店を持ちたくなりやめたのですが、 私の友達の中でも 自分のお店を持ちたいと思う方も多数いらっしゃいます。

 
 
 

この記事を読んでいる方々の中にもお店を持ちたい という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 
 

そして上司とは合わないというかたもいらっしゃるのではないでしょうか?

 
 

次に…

 

理想と現実のギャップがありすぎる所です。

 
 

そう理想と現実です。

 
 

アパレル店員は一見華やかに見えますが、れっきとしたビジネスをしています。

 
 

商品を紹介して、商品以上のサービス(価値)を提供して商品とサービスの対価としてお金を頂きます。

 
 

着たい服を着れるイメージですが、ビジネスをする上ではあまり着たいお洋服は着れません。

 
 

色々な洋服屋がありますが、基本的には在庫が多いものだったり、その時期の売れ筋商品、今売りたいお洋服がメインだったりします。

 
 

あまり在庫がなく、一点物はほぼ着れません。

 
 

おしゃれな人ほど、個性を大切にするのでそこでもフラストレーションは溜まります。

 
 

そして毎日毎日好きなお洋服を着れるので良いのですが毎日ともなると飽きてくるのです。

 
 

そして毎月毎月新しい服を買うことになるので出費も増えます。

 

働いていてもお金が出ていくのです。

 

お洋服の単価にもよりますが2~3万円は社員販売で消えていくでしょう。

 
 

なんだかアパレル店員が凄く悪いイメージですが最後にはしっかりと上げていきますのでご安心くださいw

 
 

そしてあるところではサービス残業もあります。

 

これが結構な問題です。

 

場所によって違うのですが、工場勤務だったり、事務勤務に比べると時間感覚が緩いためサービス残業にもなりがちです。

 
 
 

働いているところの会社、店長次第な所もありますが…

 
 

ですので理想とは程遠く、夏のセール、冬のセール終わりに辞める決断をする方がいらっしゃいます。

 
 

ですがそこにさえなれてしまえば、居心地も良くなります。

 
 

お客様と毎日顔を合わせますのでいつでも販売機会があります。

 

接客が好きな方はやりがいも感じます。

 

そして頑張った分だけ売上も上がります。

 

その分評価もされます。

 

ですので自分が行動したものが形(売上)になり、自分自身でも満足を感じるでしょう。

 

アパレル店員は一見華やかに見えがちですが、泥臭い部分もしっかりとあるのです。

 
 

人間関係

 

理想と現実

 

最後の原因は…

 

成果主義です。

 

成果とは、自分が行動して良い成績を残せたものをさします。

 
 

ですので良い成績が出せないと、上司の渇が入ります。

 
 

ビジネスですので、当たり前と言えば当たり前ですが、結果がすぐに出やすい分、叩かれやすいです。

 
 
 

私も何度も何度も上司に詰められました。

 

その経験が凄く良かったのですが…

 

ただ慣れていない方ですとちょっとズシッときてしまうかも知れないですね。。

 
 

接客のノルマなどはありませんが(一部ではあるかも知れません)売上の面ではナーバスになることもしばしばあると思います。

 
 

その三点がアパレル販売員になりたい方が失敗する三つの要因です。

 
 

アパレル販売員は、自分を売っていく仕事でもありますが逆に自分を殺すこともしばしばあります。

 
 

なれてしまえばどうってことないですが初めは注意が必要です。

 
 

そしてその三つを克服できれば、あなたが店長となることは間違いないでしょう(^-^)

 
 
 
 

ある程度の経験があれば、中小企業の店長にはなれます。

 
 

ですがそこにも常に、挑戦と改善をしていかなければなりませんし、いつも学ぶ姿勢でなければなりません。

 
 

ですので店長を目指している方はぜひ意識してやってみてくださいね。

 
 

今日は、アパレル販売員になりたい方が失敗する三つの要因でした。

 

長々とありがとうございました。

 
 
今日はこの辺で。

 
 

いつもご精読ありがとうございます。

 

初めての方もご精読ありがとうございます。

 

またぜひ遊びに来て下さいね。

 
PS---------
好きな服で自由な生活が出来るノウハウを無料公開中!
アパレル経験を生かし、個人でもこれだけできます。
興味がありましたらこちらから。。

 

PPS--------

日刊メルマガ,アパレルマーケティングも随時更新中!!
日々の生活の中でメリハリと知識と行動力を得たいかたはこちらから!!

-~夢や目標の実現編~