~3億円アパレル時代編~

アパレル店長&社員が切り抜ける!会社の渡り方、理想店長のなり方!4

2015/01/15

どもfryotaです。

最近梅雨入り?速報していました。

寒くなるのでお気を付け下さいね。

さてさて今日のテーマは、アルバイトと店長のマインドの差です。

店舗運営で、なかなか苦戦するのが新人さんと店長とのコミュ二ケーションです。

僕も店長最初の頃は、大変苦労しました。

勤めていたところは、社員制でしたのでアルバイトはいなかったのですが

新卒で入ってきた新人さんは、実に色とりどりでした。
個性が強い子もいれば、そんなに個性を出せない子もいます。

いかに個性を出せるかに、目的をおいていました。

僕は、人たらしwでしたので好かれることは結構得意でした。

心をいかに開かせるかが新人さんとの課題となります。

心を開けば、自由に仕事をしてもらえる、そして意思ある行動が出来る。

意思ある行動が出来れば、結果も大きく変わる。

人間の多くがやらされ仕事ですがそれをいかに自分の意思で行動してもらうか。

それを導くのが店長の仕事と思っていました。

ただ命令するだけでは、人は動かないと経験しているからこそ、たどり着いたマインドでした。

どこかで聞いた話ですが、頼まれ、やらされ仕事は、ストレス50%、行動50%になる。

意思ある行動をすると120%の行動力が生まれるとのことでした。

実際、そうだと思います。

どこか遊びに行こうと決めて、動き出すと当日のスケジュールまでしっかりと決めたくなったり、
何着ていこうかな?と考え、なければ買いに行ったりします。

そこには、意思があるからだと思います。

その意思を引き出させるためには、相手を認めて、心を開いてもらうことが大前提です。

むしろそれがないと自分から行動してもらうには、難しいと感じます。

新人さんとは、心を開いて頂いてからが勝負!ということになります。

いかがでしょうか?

ぜひスタッフさんの育成に役立てて頂きたいと思います。

今日はこの辺で。

それでは。

fryota

-~3億円アパレル時代編~