~3億円アパレル時代編~

アパレル店長&社員が切り抜ける!会社の渡り方、理想店長のなり方!6

2015/01/15

どもfryotaです。

立て続けに更新していきます。

今回は、先ほどの続きでアルバイトの考え方です。

僕も起業した最初の頃は、アルバイトをしていました。

店長をしてからのアルバイトだったので、また感覚は違うのですが、

アルバイトは、店長がお店の全てだと感じている事が多いです。

全部管理されている、店長こそすべてと…。

そして中には、店長という人物が怖いものとも思ってしまう方もいらっしゃいます。

実際に怖い店長もいますが、店長も人。

一人間、そして出来ることなんて限られています。

しかも、よくよく考えると誰でも出来る仕事。

ましてや、売上を上げるのに必死です。

ですがアルバイトは、そんな事とは無縁。

店長がそんなことを話しても理解してももらえません。

じゃあどうすればいいか?

アルバイトの立場を理解するではなく。

○○さんの事を知り、心の声に耳を傾けて、

それを話せるような環境をつくることが第一です。

相手が心を開くということに焦点をあてるんです。

有名な著書、Dカーネギーの人を動かすなど色々な著書にも書いてありますが、

相手を動かしたければ、まずは相手を満足させることが重要になります。

僕自身、スタッフと衝突したり、人が辞めていくなかで経験もしましたが

やはり、相手を楽しませないと長続きはしません。

単純につまらないので

有意義な時間(自分以外のスタッフが考えて行動できる時間)をつくり、

その時間をともに楽しむことが出来たら、人は辞めたり、辛くなったりもしなくなります。

ぜひ試してみて下さい。

この辺で失礼します。

それでは。

fryota

-~3億円アパレル時代編~