~3億円アパレル時代編~

インショップについて。売上アップ法*

2015/01/15

どうも。

こんにちは。

関東ではムシムシしております。
体調などは十分にお気をつけ下さい。

さて今日はショッピングセンター内(インショップ)についてです。

お店を出すとなると、まず選択を迫られるのが
ショッピングセンターに出すか?
路面店を出すか?になります。

順番としては、路面店を出してから
実績を積んで、いざインショップという流れになります。

今日はインショップについてお話しします。

インショップと路面店の違いは、
お客様の層も違えば、接客スタイルも違います。

基本的に、インショップのお客様は
違う買い物がてらにフラッとよるケースが多いです。

集客の面では、路面店に比べると
困らないですね。

そして、インショップは一店舗の滞在時間は、路面店よりも短いとされています。

そしてそして駅ビル、デパートなどは、
お客様の滞在時間、買い物スピードは
かなり早めになります。

店長は、それに合わせて行動し、スタッフ育成も
していかなくてはいけません。

駅ビル、デパートの接客ですと
短い時間で、どれだけ魅力的にご提案できるかが
売上アップの鍵となります。

また駅ビルでは単価の高いお店が多いイメージです。

そのなかであなたのお店が輝くには、
商品ではなく、人の育成に一番力をいれる方が
効率的と言えるでしょう。

フラッと来てくださったお客様を逃さないためにも
まずは自分自身のお客様に対する行動とスタッフ育成を見直すと良いでしょう。

今日はこの辺で。

それでは。

-~3億円アパレル時代編~