~3億円アパレル時代編~

仕入れについて。利益を残すには?

2015/01/15

さてさて今日は、気まぐれアップの日です。

さて今日のテーマは、
店長の腕の見せどころ、仕入れについてです。

アパレルでは、5掛け~6掛けぐらいが
標準と言われています。
(1000円で売られているものが
500円600円で仕入れられているという意味)

そして売上高から経費、人件費等をひいて
利益を出します


6月売上     100万
仕入れ金額   -50万
経費                -5万
人件費            -10万
―――――――――――
純利益            35万

というように計算できます。

また物を販売していると
100%売り切れるという保証も
なく、消化率というのもあります。

これは50万円仕入れたけど
8割40万円分しか売れなかった。

となると売上高が80万円になってしまいます。

さっきの例ですと


6月売上     80万
仕入れ金額   -50万
経費                -5万
人件費            -10万
―――――――――――
純利益            15万

となってしまいます。

一般では利益率は
20%あれば普通というレベルです。

100万円売上たら、色々引いて
20万円残るということです。

そう考えるといかに中小企業が利益を残すのが
大変かわかります。

ビジネスとは奥深いですね。

是非参考にしてみて下さいね。

それでは。

-~3億円アパレル時代編~