~3億円アパレル時代編~

店長の力量。底力。

2015/01/15

どもfryotaです。

さてさて今日は、店長としての力量です。

店長はお店のまとめ役としています。

そして一つ一つ指示を出していきます。

その指示にも意味があります。
スタッフを注意するのにも意味があります。

一番は、同じ失敗を繰り返してほしくないからです。

失敗すると、お互いにいい感じはしません。

店長も時として怒らなければいけない。

そんな状況は沢山あります。

怒りたくないときだってあります。

できれば怒りたくはないです。

ですが店長には売上をあげるという

目的があります。

それは、会社のため、自分のため、スタッフの為にもなります。

売り上げがあがれば、もしかしたら給料が増えるかもしれない。

今よりも待遇がよくなるかもしれない。

その一心で行動しています。

あまり気にしながら働く人も少ないのも現状ありますが。

経営者になればなるほど、現実が見えます。

自分の力量が見えます。

ここまでかと思う瞬間もあります。

そしてここまでかと諦めかけた瞬間が
店長の力量が見えるときです。

売り上げが上がらない

スタッフが言うことを聞いてくれない

そこでどう知恵を絞り出すか…

店長の力量が試される時です。

店長を目指しているあなたは
いかがでしょうか?

お読み頂きありがとうございます。

-~3億円アパレル時代編~