~あなたの脳みそを活性化編~

本質と流行2

ニュースに関してニュースの原稿を読んで

テレビを見ている人は

その人がどんな人か?

どういう伝え方をするか?

その部分に関して…

流行と全く違った本質的な部分です。

変わらない部分といった方が良いでしょうか?

たしかに、メインキャスターだったりを

変えればトレンドというんでしょうが

伝えるという行為に関しては

変わらない部分ではあります。

でインターネットビジネスで言えば

色々な稼ぎ方があります。

フェイスブックを開けば、サイドバーに

ネットビジネスの広告が入ってることも

珍しくありません。

ユーチューブでも、ネットビジネスの

広告が数多くあります。

その見たページがずっと稼げるものか?

はたまた流行にのって稼げるものか?

それを見極める必要があります。

でここで大事なのが

ネットビジネスは旬なモノほど

衰退するスピードも速いです。

3年以上長く稼げるモノに関しては

衰退もしませんが急激な成長もしません。

で、稼ぎの曲線も右肩上がりか

右肩下がりかにわかれます。

どっちをやった方がいいか??

これは一概にどっちがいいかは言えませんが

僕の見解だとどっちもやった方が良いです。

その理由は、集客に関係してます。

ビジネスは基本的に

人が集まらないと売上は立ちません。

どれだけ良い商品でも

見る人、欲しい人がいなければ

ないのと一緒です。

で売るためには見込み客を集めなければなりません。

そのためには

流行に乗るのが一番です。

流行に乗り集客し、

本質的な部分で勝負する。

これが一番だと思います。

本質的な部分とは、ニュースでいう伝える

という行為です。

ネットビジネスは、基本的に映像、音声、文字で

構成されています。

  

その本質的なコンテンツが一番キモとなるのです。

よくネットビジネスで見るのは、

去年やっていたキャンペーンを

切り口を変えて紹介したり

前のコンテンツをプレゼントに

変えてオプトを取ったりしてます。

ネットビジネスの良い所は

コンテンツがいつでも使えるという部分です。

ニュースのように移り変わりが

激しい時期もありますが、

大体な事は、抽象度をあげてみると一緒です。

ですので、古い情報もブラッシュアップ

それを新しい物として発信する。

そんな情報発信が良いかと思います。

あとは流行に流されるとあまりうまく

いかないと感じています。

常に大きい受け皿が必要です。

そういった部分で本質的な部分が

かなり必要になってきます。

という事で流行と本質的な部分

どっちで勝負したらいいの??

という疑問にお答えしました。

それではまた次回^o^

-~あなたの脳みそを活性化編~