~あなたの脳みそを活性化編~

七夕がどうしてこういう由来になっているか?織姫と彦星がふかーく関係しています。

 

七夕と言ったら何を思い浮かべますか??

38b9ed5485afe88f442d9df84915bd04_s

以前から毎年7月になると

【あーそういえば七夕だなぁ】

なんて考えることが多々あって

その度にグーグルさんにお世話に

なっていましたので今回は毎年の自分と

あなたに向けて書いていきます。

 

七夕の由来は、色々な説がありますが

 

まずはこんなQ&Aから…

 

--------------------------------------------------------

Q 七夕の名前の由来は、ありますか???

--------------------------------------------------------

b07074f8ab2fe5a5db4ec001f0a02fa1_s

 

 

七夕ってどんな意味??

そんな問いって結構聞います。

 

調べるまでのことじゃないし、

笹の短冊に願い事書いた紙をくくりつければ

いいんだよなぁってくらいしか分かんないですよね。

 

で一番困るのが子供に

【ねぇ、七夕ってどういう意味ーー?教えてー】

なんて頼まれた時です。

そんな時にパッと答えられたら

子供からの株も上がるはずですw

 

先ほどの詳しい答えは…

 

A   織姫と彦星の織姫伝説【棚機津女】たなばたつめと

 

7月7日の夕方【七夕】(しちせき)を混ぜた言葉といわれています。

 img_5612.jpg

 

ちょっとわかりづらいですね。

 

あなたも知っている織姫と彦星の物語。

 

毎年7月7日になると、紙に願い事を書いて、くくりつけています。

 

それは、織姫と彦星が年に一回だけ会える日【7月7日】とかけてそのような風習となっています。

 

あなたも小さい頃に願い事を書いて笹にくくりつけたり、大人になってからも子供と一緒に願い事を書いていたりするのではないでしょうか?

 

じゃあなぜ日本で織姫と彦星にあやかって、笹の短冊に願い事をくくりつけるようになったかというとそもそも七夕は、1年間の重要な五節句のひとつにもなっています。

「人日(じんじつ)の節句(1月7日)」
「上巳(じょうし)の節句(3月3日)」
「端午(たんご)の節句(5月5日)」
「七夕(しちせき)の節句(7月7日)」
「重陽(ちょうよう)の節句(9月9日)」

 

※因みに七夕は芸事の上達を願う行事です。

 

そして上記でも話した

棚機津女(たなばたつめ)が関係しています。

 

じゃあ棚機津女とはどういった人物なのかというと、昔から日本の禊(みそぎ)として


「乙女が着物を織って棚にそなえ、神様を迎えて秋の豊作を祈ったり、人々のけがれをはらう」という神事がありました。

その女性を「棚機津女(たなばたつめ)」と言っていました。

 

棚機津女(たなばたたつめ)と言われていたところから「棚機(たなばた)」という字をとり、

今でいう【七夕(たなばた)】になりました。

 

そして時が経ち、この行事がお盆を迎える準備として、「7月7日の夜」に行われるようになったため、【七夕(たなばた)】という由来になったのです。

 

こんな奥深い由来があったんですね。

 

じゃあ、織姫と彦星の物語はどこから来ているのか?

 

そんな疑問も出てきますよね。

 

①織姫と彦星の物語は中国から来ている!?

bd8b2309a442ce9620a14e960a70f636_s

織姫と彦星の物語って、昔からなんてロマンチックな物語なんだって思ってました。

 

どこからその由来が来ているかなんて分かんなかったですが調べてみるとどうも中国から来ている話らしいです。

 

織姫は、琴座のベガと呼ばれています。

そしてその星を「織女(しゅくじょ)星」と呼んでいます。

 

また彦星は鷲座のアルタイルと呼ばれていて

こちらはその星を「牽牛(けんぎゅう)星」と呼んでいるそうです。

 

で漢字の通り、織姫(織女星)は縫製の仕事を、

彦星(牽牛星)は、農業の仕事を司る星とされていました。

2つの星(織女星と牽牛星)は、1年に一度、7月7日に天の川を挟んで、2星が最も光り輝くことから、この日を巡り合いの日として七夕のロマンチックな話が作られました。

 

2つの輝く星をつなぐ天の川。

こんな素敵な話だったんですね。

 

そしてこの素敵な話が巡り巡って日本にまで来たわけです。

 

7日7日って時期的にもちょうど良いんですよね。

7月は行事が沢山あります。

暦ではこんな感じで

 

7月7日…七夕

7月15日…お盆

7月20日…海の日

7月30日…土用の丑の日

 

見てみると七夕なんかは

【あー夏の始まりだなぁ】と感じますね。

そしてイベントでは、各地で花火大会、お祭りなんかもあります。

 

あとは高校野球も、地区大会が始まります。

 

ちょっと話がそれちゃいましたね。

 

②そもそもなんで笹の短冊に願い事を書いた紙を飾るの??

f43ee2bb86a06e395368845c885edc53_s

毎年願い事を書いていますが

なんで笹なのか?そもそもなんで願い事なのか?

ってことが疑問でした。

 

あなたもそう思ったことなかったですか??

 

笹は神聖なもの??短冊に、色とりどりの願い事をつける理由は?

 

実は笹竹は、かなり神聖なものなのです。

 

お盆の始まりに飾られる笹は祖先の霊が
宿るものとして飾られていました。

 

ですので昔から大切な習わしの元、

笹があるのです。

acc037af727d15ea8542e3a0f5768d73_s

お盆は7月15日からですので、その準備としても笹を飾っているそうです。

 

色とりどりの短冊の色は

古代中国の五行説(自然哲学)

からきていて、飾った短冊に願い事を書くようになったのは、七夕に針仕事や習字の

【上達を願う風習】があったものと
合体したという説があるそうです。

 

五行説…木・火・土・金・水
の5種類の元素からなるという説

【字が上手くなりますように】

 

最初はそんな感じだったかもしれないですね。

 

七夕についてだんだんとわかってきましたね。

 

お盆の準備として、笹を使い、

芸の上達を目指して願い事を書いていた。

 

その手前で、中国から来た物語

織姫と彦星の物語を当てはめて特別な日とした。

 

七夕について分かりましたでしょうか??

 

意味があるって素晴らしいですね。

 

ということで、七夕についてお話してきましたが

いかがでしたでしょうか??

-~あなたの脳みそを活性化編~